コラーゲンの効果とは?

*

コラーゲンの驚くべき効果とは?

0f34dd21fff8901e0490c3cd16062eba_s

美容や健康に気を使う人でコラーゲンの名前を聞いたことがない人はいないでしょう。人間の体内の30%もの割合を占めるタンパク質であるコラーゲンは、人間にとって無くてはならないタンパク質の一種です。

若いうちは体内で合成することが可能ですが、年齢と共にその機能が失われていき、どんどん不足していきます。不足すると肌トラブルを起こしたり、関節に炎症をきたして痛みを引き起こすため、不足しないように、食事やコラーゲンを配合した飲み物などで補う必要があります。

コラーゲンは体内に存在するものであり、ドリンクやサプリメントなどで摂取しても効果は見られないと言う意見のある一方、近年の研究では、コラーゲンを経口摂取することで、体内のコラーゲンの生成が活発になるという研究結果が発表されました。コラーゲンを摂取することでどんな働きをするのでしょうか。


人間の身体を支える!コラーゲンの効果

コラーゲンは人間の体内に必要不可欠なタンパク質です。若いうちは体内での合成が盛んで、特に意識しなくても必然的に体内で作り出されていきます。古くなったコラーゲンは、分解され、また、新しいコラーゲンとなって再生されるのです。

若いうちはこのように分解、再合成を繰り返しているコラーゲンですが、年を取るに従ってコラーゲンの合成機能が衰えてきます。コラーゲンが減少することによって、肌のしわやたるみ、乾燥などが目だつようになります。

肌だけではありません。コラーゲンは骨と骨の間に含まれる軟骨の主成分にもなっています。そのため、コラーゲンが不足すると軟骨が磨り減ってきて、関節の炎症などを引き起こし、膝や肘、腰の痛みなどを引き起こすきっかけにもなってしまいます。

そのため、コラーゲンが不足してきたと感じたら、早めにドリンクやサプリメント、食事などで効果的にコラーゲンを取り入れる必要があります。コラーゲンを取り入れることで、肌にしわやたるみ、乾燥、骨粗しょう症や関節の炎症の緩和などの効果が期待出来ます。コラーゲンドリンクについて知る


コラーゲンの効果的な摂取方法

コラーゲンはもともと体内で合成されるタンパク質の一つです。そのため、若いうちは特に意識して摂取しなくても自然と合成されます。しかし、年とともにこの機能が失われると、肌や骨に様々な影響をもたらします。そのため、不足してきたと感じたら早めにコラーゲンを補給する必要があります。

コラーゲンは通常の食事のタンパク質に含まれる、アラニン、グリシン、プロリン、ヒドロキシプロリンという4つのアミノ酸から構成されています。これまではその成分を含むタンパク質の食事を摂取していればコラーゲンは不足することはないと考えられてきました。しかし、近年の研究で、コラーゲンを含む食べ物や飲み物などを摂取することにより、体内のコラーゲン生成が活性化することが分かってきました。

では、コラーゲンをより効果的に摂取し、肌や骨を若々しく保つにはどうしたらいいのでしょうか。

biyo

コラーゲンはこうして取るのが有効的

コラーゲンは、美肌を保つ目的で摂取するのであれば1日5グラム、関節の痛みなどの予防効果を得たいのであれば1日10グラムを摂取するようにします。

関節炎や関節痛の緩和を目的とする場合は、コラーゲンだけでなく、コンドロイチンやコラーゲンなどを同時に摂取するように心がけましょう。コラーゲン単体でも効果はありますが、同時に摂取することでより効果が期待出来ます。

コラーゲンはもともと体内に存在するタンパク質であるため、過剰摂取しても副作用を引き起こす心配は非常に少ないといわれています。まれに湿疹や胃腸の調子が悪くなるなどの症状が見られるだけです。そのため、食事やサプリメント、ドリンクなどで積極的に摂取するようにします。

食事やサプリメントから体内に入ったコラーゲンは、一度胃や腸で消化、分解されます。この分解が引き金になって、体内のコラーゲン生成を活性化します。

体内でコラーゲン合成を行なうためにはビタミンCと鉄が必要です。この二つがないといくらコラーゲンの材料があっても合成されないので、コラーゲンを摂取するときには同時にビタミンCと鉄分もしっかり補給します。

美容や健康のためにコラーゲンは必要不可欠な栄養素です。そのため、食事やサプリメント、ドリンクなどを活用して積極的に毎日継続して摂取するようにしましょう。



記事